• 白山紬(はくさんつむぎ)

    白山紬の色無地白山紬(はくさんつむぎ)は、もともとは石川県白峰村(しらみねむら)で織り出された紬(現在の牛首紬(うしくびつむぎ))でしたが、金沢市近郊で織元独自の登録商標として発展してきました。しかし、現在は再び牛首紬のメーカーと合併しています。高価な牛首紬が手引(てび)き糸から織られるのに対し、白山紬は力織機(りきしょくき)を使い機械製糸(きかいせいし)で織られています。風合(ふうあ)いがとても良く()ていますので、染め上がりの(つや)頑丈(がんじょう)地風(じふう)(すそ)さばきの良さなど、牛首紬(うしくびつむぎ)に勝るとも劣らぬ豪華な質感があります。紬でありながら光沢があり、渋さと華やかさと、その両方の趣が楽しめます。

    ⇒白山紬の白生地は、こちら


きものカルチャー研究所 染匠株式会社
 お客様専用電話:0120-008855
東日本事業所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-16-502
 Tel:03-5449-9121
西日本事業所:〒732-0828 広島市南区京橋町10-31(広島駅前)
 Tel:082-261-8855
Copyright(C) 1998-2018 by SOMESHO Co.,Ltd.
All Rights Reserved.