御召縮緬(おめしちりめん)

  • 御召縮緬(おめしちりめん)とは

    御召御召(おめし)とは御召縮緬(おめしちりめん)のこと。その製法は高級とされる縮緬に、もう一段と手を加え精巧に織り上げた絹織物と言えるでしょう。縮緬の白生地は、まず生糸(きいと)を織り上げてから精練(せいれん)しますが、御召の場合は先に生糸(きいと)を精練し、さらに、その絹糸を「先染(さきぞ)め」してから織り上げます。プロの間では、御召は「先練(さきね)先染(さきぞ)め」のきものと呼ばれ、最高級品の位置づけです。御召には、縞御召(しまおめし)絣御召(かすりおめし)無地御召(むじおめし)紋御召(もんおめし)風通御召(ふうつうおめし)縫い取り(ぬいとり)御召など、種類も豊富です。高級織物としての御召は、きもの専門家からの評価は高く、きもの愛好家・きもの通の間でも根強い人気があります。軽くてしなやか、風格の漂う御召縮緬を是非一度は味わって欲しいものです。

  • 御召の着方

    きものTPOは、きものを着る上で守らなければならない基本的な約束事「しきたり」ですが、この御召縮緬は例外中の例外ということができます。それは、御召が大島紬(おおしまつむぎ)結城紬(ゆうきつむぎ)と同じく先染めの織りの着物であるにもかかわらず結婚式や、格式を重視する茶席においても第一級の礼装着として着装を許されているからです。ただし、御召と名が付けば何でも礼装に着られるというものではありません。特に、結婚式やお茶席などでは、色柄に訪問着、色無地、江戸小紋に匹敵するだけの格調が必要です。大正から昭和に着られていた、いわゆる「ハイカラさん」のようなアンティーク感覚では、礼装としての共感は得られないでしょう。

  • 御召の歴史的背景

    御召訪問着御召縮緬の起源となった柳条(りゅうじょう)縮緬は、天正年間(1573~1592)に中国の織工が和泉の堺(現在の大阪府堺市)へ渡来して技術を伝え、それ以来国産されるようになりました。その高級な質感から貴族や武将に大変好まれていたようです。江戸時代に入り、徳川11代将軍家斉公(いえなりこう)がこれを好んで着用し、徳川家のきもの(御召料)としたことから高貴な方の御召物を略して御召という名がついたと言われています。11代将軍家斉が愛用された御召は、以後、庶民の間でも晴れ着として着用されるようになります。「東の銘仙(めいせん)、西の御召(おめし)」と言われるほど、御召はきものの代表として一世を風靡(ふうび)しました。大正、昭和初期の日本を代表する画家が描いた美人画には、御召を着た女性の姿が多く描かれています。明治・大正時代、御召のきものは女性たちの憧れでした。大柄な矢羽根(やばね)柄(矢絣)の御召に、海老茶(えびちゃ)色の袴姿の女学生スタイルは、大正末期に洋服ができるまで大流行しました。今でも高校や大学の入卒式で矢絣に袴姿の女性を見かけます。それは、そんな歴史的な背景によるものです。

    (資料:きものカルチャー研究所初等科テキスト)


No.1
品番 : 5608704501
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織風通御召
色彩 : 黒紅色
紋様 : 微塵格子
生地 : 正絹(絹100%)12.5m×39.5cm
価格 : 95,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。小柄や中柄が多く、比較的上品な着尺として織り上がりますので、お洒落着だけではなく、色無地や江戸小紋と同様に準礼装としても着られます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

この風通御召は袷のきものにもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣のきもの・単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。着こなしのポイントは、単衣のきものなら4~5月、9~10月には単衣の八寸帯(西陣織・博多帯)。初夏の5~6月には紗か羅の八寸帯、または、紗の袋帯が洒落ています。また、羽織には、レース、紗などの薄物を合わせ、透け感で清涼感を現わします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 95,000円
仕立
合計 95,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.2
品番 : 6308204502
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織風通御召
色彩 : 墨色と銀鼠
紋様 : 
生地 : 正絹(絹100%)12.5m×39.5cm
価格 : 95,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。小柄や中柄が多く、比較的上品な着尺として織り上がりますので、お洒落着だけではなく、色無地や江戸小紋と同様に準礼装としても着られます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

この風通御召は袷のきものにもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣のきもの・単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。着こなしのポイントは、単衣のきものなら4~5月、9~10月には単衣の八寸帯(西陣織・博多帯)。初夏の5~6月には紗か羅の八寸帯、または、紗の袋帯が洒落ています。また、羽織には、レース、紗などの薄物を合わせ、透け感で清涼感を現わします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 95,000円
仕立
合計 95,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.3
品番 : 6308204508
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織風通御召
色彩 : 深藍紺
紋様 : 水玉
生地 : 正絹(絹100%)12.5m×39.5cm
価格 : 95,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。小柄や中柄が多く、比較的上品な着尺として織り上がりますので、お洒落着だけではなく、色無地や江戸小紋と同様に準礼装としても着られます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

この風通御召は袷のきものにもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣のきもの・単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。着こなしのポイントは、単衣のきものなら4~5月、9~10月には単衣の八寸帯(西陣織・博多帯)。初夏の5~6月には紗か羅の八寸帯、または、紗の袋帯が洒落ています。また、羽織には、レース、紗などの薄物を合わせ、透け感で清涼感を現わします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 95,000円
仕立
合計 95,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.4
品番 : 6308206501
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織風通御召
色彩 : 淡黄緑と淡赤紫
紋様 : 三色滝縞
生地 : 正絹(絹100%)12.5m×39.5cm
価格 : 95,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。小柄や中柄が多く、比較的上品な着尺として織り上がりますので、お洒落着だけではなく、色無地や江戸小紋と同様に準礼装としても着られます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

この風通御召は袷のきものにもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣のきもの・単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。着こなしのポイントは、単衣のきものなら4~5月、9~10月には単衣の八寸帯(西陣織・博多帯)。初夏の5~6月には紗か羅の八寸帯、または、紗の袋帯が洒落ています。また、羽織には、レース、紗などの薄物を合わせ、透け感で清涼感を現わします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 95,000円
仕立
合計 95,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.5
品番 : 6308303906
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織風通御召
色彩 : 黒白
紋様 : 紹巴
生地 : 正絹(絹100%)12.5m×39.5cm
価格 : 98,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。小柄や中柄が多く、比較的上品な着尺として織り上がりますので、お洒落着だけではなく、色無地や江戸小紋と同様に準礼装としても着られます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

この風通御召は袷のきものにもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣のきもの・単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。着こなしのポイントは、単衣のきものなら4~5月、9~10月には単衣の八寸帯(西陣織・博多帯)。初夏の5~6月には紗か羅の八寸帯、または、紗の袋帯が洒落ています。また、羽織には、レース、紗などの薄物を合わせ、透け感で清涼感を現わします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 98,000円
仕立
合計 98,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.6
品番 : 6308202601
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織風通御召
色彩 : 黒と銀鼠
紋様 : 菱市松
生地 : 正絹(絹100%)12.5m×39.5cm
価格 : 113,000円
在庫 : 売約済み
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。小柄や中柄が多く、比較的上品な着尺として織り上がりますので、お洒落着だけではなく、色無地や江戸小紋と同様に準礼装としても着られます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

この風通御召は袷のきものにもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣のきもの・単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。着こなしのポイントは、単衣のきものなら4~5月、9~10月には単衣の八寸帯(西陣織・博多帯)。初夏の5~6月には紗か羅の八寸帯、または、紗の袋帯が洒落ています。また、羽織には、レース、紗などの薄物を合わせ、透け感で清涼感を現わします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 113,000円
仕立
合計 113,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.7
品番 : 5608706603
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織縫い取り御召
色彩 : 淡黄色
紋様 : 靄地に桜
生地 : 正絹(絹100%)12.9m×39.5cm
価格 : 125,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

()()御召(おめし)は、単衣(ひとえ)(あわせ)のきものにできますが、軽さ、肌触り、(すそ)さばきの良さなど、その長所を生かして単衣の羽織やコートとして着ていただくことも可能です。単衣の羽織は、本来6月~8月を除き春分日ころから11月ころまで着るものですが、めったに雪の降らない温暖な地域では夏場以外は着ることができます。一方、きもの(えり)コートは、9月~6月ころまで着られます。防寒用なら袷のコートが必須となりますが、寒冷地を除けば和服で寒いと感じることはあまりなく、その意味で春秋冬と単衣のコートで十分対応できるでしょう。

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)に、さらに()()御召(おめし)の技法を加えた高級品です。縫い取り御召の特徴は、刺繍のように見える文様は、実は緻密な織物組織によって表現されています。刺繍のような厚みがなく、薄くて軽い御召の着心地が、そのまま味わえます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 125,000円
仕立
合計 125,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.8
品番 : 5608706605
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織風通御召
色彩 : 淡桃色
紋様 : 七宝花菱
生地 : 正絹(絹100%)12.5m×39.5cm
価格 : 125,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。小柄や中柄が多く、比較的上品な着尺として織り上がりますので、お洒落着だけではなく、色無地や江戸小紋と同様に準礼装としても着られます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

この風通御召は袷のきものにもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣のきもの・単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。着こなしのポイントは、単衣のきものなら4~5月、9~10月には単衣の八寸帯(西陣織・博多帯)。初夏の5~6月には紗か羅の八寸帯、または、紗の袋帯が洒落ています。また、羽織には、レース、紗などの薄物を合わせ、透け感で清涼感を現わします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 125,000円
仕立
合計 125,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

No.9
品番 : 6308206604
品名 : 御召縮緬
技法 : 西陣織縫い取り御召
色彩 : 銀鼠
紋様 : 手毬と猫
生地 : 正絹(絹100%)12.9m×39.5cm
価格 : 125,000円
在庫 : 1
参照 : きものパワー講座:御召縮緬

()()御召(おめし)は、単衣(ひとえ)(あわせ)のきものにできますが、軽さ、肌触り、(すそ)さばきの良さなど、その長所を生かして単衣の羽織やコートとして着ていただくことも可能です。単衣の羽織は、本来6月~8月を除き春分日ころから11月ころまで着るものですが、めったに雪の降らない温暖な地域では夏場以外は着ることができます。一方、きもの(えり)コートは、9月~6月ころまで着られます。防寒用なら袷のコートが必須となりますが、寒冷地を除けば和服で寒いと感じることはあまりなく、その意味で春秋冬と単衣のコートで十分対応できるでしょう。

この着尺(きじゃく)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)に、さらに()()御召(おめし)の技法を加えた高級品です。縫い取り御召の特徴は、刺繍のように見える文様は、実は緻密な織物組織によって表現されています。刺繍のような厚みがなく、薄くて軽い御召の着心地が、そのまま味わえます。

御召は、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでは別格で「上級者のきもの」として愛用されています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。

現在、自宅で洗えるwashable加工のサービス期間中です(単衣限定)。washable長襦袢で、その取り扱い方法を習得された方は、是非、ご利用ください。

お仕立方法をご指定の上、ご注文下さい。
商品 125,000円
仕立
合計 125,000円
 
 
  • 最適寸法入力フォームは、こちらから
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

きものカルチャー研究所 染匠株式会社
 お客様専用電話:0120-008855
東日本事業所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-16-502
 Tel:03-5449-9121
西日本事業所:〒732-0828 広島市南区京橋町10-31(広島駅前)
 Tel:082-261-8855
Copyright(C) 1998-2017 by SOMESHO Co.,Ltd.
All Rights Reserved.