採寸(さいすん)方法

  • プロの着付講師がお客様の採寸を致します。

    採寸方法

    着物のメリットは、たとえ身長の差が10cmあったとしても着られるところにあります。しかし、誰からも認められるような美しく気品のある着方をするためには、自分の体型にあった寸法が欠かせません。きれいな着付けの絶対条件は、お客様ご自身の寸法にあった着物を着ることです。なぜなら、寸法のあわない着物ではどんなに練習しても、きれいに着ることができないからです。

    着物と自分の体型とがマッチしているかを確かめるにはいくつかのチェックポイントがあります。

    • 長襦袢と着物の寸法が合っていますか?
    • 袖口から長襦袢が出ていませんか?
    • おはしよりや裄(ゆき)は十分ありますか?
    • 肩裄と身幅のバランスなど。

    これらの全てを把握するには、ある程度の知識が必要なため、普段から着物を着ている方でないと本当にご自分の体型と合ったサイズを見つけることは難しいことかもしれません。そのため当店では、お客様ひとりひとりのサイズにあった着物を着ていただくために、プロの着付講師の手でお客様の採寸をさせていただいております。

  • 価格の安い既製品(プレタ)ではなく、お仕立てする着物にこだわる理由

    既製品の着物は大量生産が可能なため、安く手に入るという大きなメリットがあります。しかし、そのメリットがあるにもかかわらず、当店では既製品(お仕立て上がり品)はほとんど取り扱っておりません。当店が既製品ではなく、お仕立てする着物(反物)にこだわるのには、以下のような理由があります。

    • フリーサイズの着物は体型に合わないので、シワが出たり、だぶついたり、きれいに着ることも着せることもできません。
    • 既製品には同柄の浴衣・着物が多くあり、成人式や結婚式などで同柄の着物に出会うと、せっかくのお洒落が台無しになってしまいます。
    • きものを着ない外国人による海外縫製は、小紋や紬などの柄合わせ(仕立て)のセンスに 限界があり、上級者(きもの通)は満足できません。

    最近の既製品は、その汎用性の観点から、着丈は長め、裄は短めに作られています。しかし、これはあくまで売り手側、生産者側の論理であり、お客様のニーズに合っていないと感じています。着物本来の持つ良さを損なうことなく、お客様に本物の良さを楽しんでいただくためにも、大量生産の着物ではなく、お客様のことを第一に考え、手縫いで1着ずつ丁寧にお仕立てすることが大切だと考えています。

  • 採寸方法について

    当店では、プロの着付講師との提携により、「きものカルチャー研究所」の認定校、東京・恵比寿の着付教室にて講師がお客様の採寸を行っております。

    採寸手順

    1. ご注文確認後、当店より採寸についてご案内のメールをお送りいたします。
    2. メールの案内にそって、ご希望の日時をお選びください。
    3. 担当の着付講師よりお客様宛に直接お返事させていただきます。なお、講師のスケジュールの都合上、ご希望の日時に添えない場合がございますので、その際は改めてご相談させていただきます。
    4. 当日、着付教室にてお待ちしております。
      (普段お使いの長襦袢や着物がございましたら、お持ちいただけますと採寸がよりスムーズになります。)

    ご不明な点などございましたら、TEL0120-008855(フリーダイヤル)までお問い合わせくださいませ。お電話によるご予約も承っております。

    なお、ご自分の最適寸法をご存知のお客様は、最適寸法フォームより寸法をご入力いただくか、お電話にて寸法をご連絡いただくことも可能です。

きものカルチャー研究所 染匠株式会社
 お客様専用電話:0120-008855
東日本事業所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-16-502
 Tel:03-5449-9121
西日本事業所:〒732-0828 広島市南区京橋町10-31(広島駅前)
 Tel:082-261-8855
Copyright(C) 1998-2017 by SOMESHO Co.,Ltd.
All Rights Reserved.