甲州印伝訪問着きものの持つ魅力(みりょく)の中で最も大きなものは、年齢にはとらわれない美しい(よそお)いができることがあげられます。ややもすると若々しさを強調しがちな洋装に対して、和服には年相応(としそうおう)で伝統的な美意識があります。若者には若者の(あい)らしさ、中年になると女性としての気品(きひん)(あで)やかさに魅力を感じてきます。また、年配者には年配者にしか出せない風格(ふうかく)威厳(いげん)などに(あこが)れるものです。つまり、美しさの条件は若さだけではありません。若者がどんなに(いき)()こなしをしようとしても、そこには(おの)ずと限界があり、年配者が、やみ雲に若々しさを求めては、かえって見苦(みぐる)しくなります。本当の美しさとは何か、自分らしい美しさとはどうあるべきか、長年にわたり日本女性特有の美的感性によって(つちか)われてきたきものは、必ずやそのテーマに(こた)えてくれるでしょう。

訪問着の発祥(はっしょう)は、比較的新しく大正初期に三越呉服店(現在の三越デパート)が命名し、売り出したのが始まりと言われています。当初は、絵羽模様(えばもよう)の着物に限らず、小紋(こもん)、お()し、大島紬(おおしまつむぎ)など、「よそ行き」程度の着物を意味していたようですが、以後、絵羽模様(えばもよう)の着物が代表的な晴れ着として定着します。

訪問着は、格式(かくしき)と、お洒落(しゃれ)感覚を併せ持ち、儀式(ぎしき)用からお洒落着(しゃれぎ)用まで幅広く着られます。きもののセンスを楽しみ、個性を発揮(はっき)できるのも訪問着の魅力(みりょく)のひとつです。準礼装(じゅんれいそう)位置付(いちづ)けではあるものの現代和装の主役であり、きものを愛する人にとっては、とりわけなくてはならない晴れ着となりました。

加賀友禅の留袖に蘇州刺繍の袋帯きものの約束事(やくそくごと)「きものT.P.O」において、振袖や留袖は最も格式の高い第一礼装(だいいちれいそう)の着物ですが、訪問着は、それらに次ぐ準礼装(じゅんれいそう)略礼装(りゃくれいそう)とも言う)という位置(いち)づけです。

冠婚葬祭(かんこんそうさい)を中心とする日本の伝統的な儀式(ぎしき)における慣習(かんしゅう)「しきたり」では、参列する人の立場(たちば)によって「着る着物」が決められ、それが今でも守られています。その起源は飛鳥(あすか)時代の律令制(りつりょうせい)にあるとされますが、聖徳太子(しょうとくたいし)によって制定された「冠位十二階(かんいじゅうにかい)の制度」では、地位や身分によって衣服の色まで統制されていたのです。律令制は、(りつ)(りょう)(きゃく)(しき)によって運用され、律は刑法(けいほう)、令はそれ以外(主に行政法(ぎょうせいほう))、格は律令の修正・補足の法令、式は律令の施行細則(せこうさいそく)を指す、とあります。ここに格式(かくしき)という言葉のルーツが見られ、以後、格式による着衣(ちゃくい)序列(じょれつ)を守ることが礼儀作法(れいぎさほう)になったと考えられます。

現代和装においては家柄(いえがら)身分(みぶん)による着方(きかた)の違いはありませんが、血縁(けつえん)に基づく親戚(しんせき)関係によって左右されます。たとえば、結婚式における三親等(さんしんとう)以内の親族は第一礼装(だいいちれいそう)となり、ミスは振袖、ミセスは(いつ)(もん)の入った黒留袖(くろとめそで)色留袖(いろとめそで)、男性なら黒の(いつ)紋付(もんつき)羽織袴(はおりはかま)と定義されています。従って、(まご)の結婚式では祖母(そぼ)は二親等、(おい)(めい)の結婚式なら伯母(おば)叔母(おば)は三親等となりますから、いずれも黒留袖を着ます。従兄弟姉妹(いとこ)の結婚式においては、新郎新婦(しんろうしんぷ)との血縁関係は四親等(よんしんとう)となりますので、ミスの振袖を除けば、準礼装の訪問着、()()げ、色無地(いろむじ)などを着て出席するのが慣例です。もちろん、知人、友人、上司、同僚(どうりょう)なども、同じく準礼装の格式で参列することになります。(詳細については、きものT.P.Oをご参照ください)

伊藤若冲の訪問着の雛型訪問着の(がら)は、基本的には絵羽模様(えばもよう)です。絵羽模様(えばもよう)は、絵羽柄(えばがら)絵羽付(えばづ)けとも言いますが、生地(きじ)()()わせ部分でもデザインである絵柄(えがら)が連続して(えが)かれています。従って、構図(こうず)が大きく見た目が豪華(ごうか)になります。たとえば、きものの(おくみ)上前(うわまえ)後身頃(うしろみごろ)は、三枚の生地(きじ)からなりますが、その切れ目においても絵の構図が途切(とぎ)れず一枚の絵として(つら)なっています。つまり、振袖(ふりそで)留袖(とめそで)、訪問着は絵羽柄(えばがら)として、下絵(したえ)の段階から一枚の生地幅(きじはば)()えた連続模様(れんぞくもよう)として制作されているのです。(えり)身頃(みごろ)(そで)(つら)なる大きな構図を()くためには、染める前の白生地(しろきじ)仮縫(かりぬ)いし、きもののように()()わせてから下絵(したえ)()かなくてはなりません。きものの前側(上前(うわまえ))に主要な(がら)が有り、左肩の前、左袖(ひだりそで)の前、右袖(みぎそで)の後から右肩の後にかけて図案が描かれています。一説によると着席(ちゃくせき)したときにも訪問着とわかるように、また、(おど)りなどで舞姿(まいすがた)綺麗(きれい)に見えるように、あるいは、三味線(しゃみせん)()くとき観客側から豪華(ごうか)に見えるようにとも言われていますが、その真偽(しんぎ)のほどは(さだ)かではありません。また、作意(さくい)によっては、()()げなどに見られるように()()で連続しない訪問着もありますので、一概(いちがい)には言えません。いずれにしても、絵羽柄(えばがら)のきものは、晴れ着として相応(ふさわ)しい優雅(ゆうが)(はな)やかなきものと言えるでしょう。

塩沢の訪問着訪問着に使用される生地は、おもに、地紋(じもん)がなく平面(へいめん)(なめ)らかな三越縮緬(みこしちりめん)(かわ)わり無地(むじ)縮緬(ちりめん)、そして、地紋(じもん)があり光沢(こうたく)のある緞子縮緬(どんすちりめん)綸子縮緬(りんずちりめん)などが多用されます。また、大島(おおしま)結城(ゆうき)塩沢(しおざわ)十日町紬(とおかまち)などの紬生地(つむぎきじ)も使用されます。紬生地(つむぎきじ)の訪問着は、縮緬生地(ちりめんきじ)の訪問着に比べ、格下(かくした)として(あつか)われてきました。その理由については、正繭(せいまゆ)として出荷できない屑繭(くずまゆ)から生産されたことに起因(きいん)するのではないかと考えます。でも、紬の訪問着が、仮にお洒落用(しゃれよう)の外出着、格式に(こだわ)らない二枚目の訪問着として着ることになったとしても、そこに魅力があると考える人も少なくありません。実際には、現在の大島や塩沢は、(つむぎ)特有の真綿(まわた)からできる紬糸(つむぎいと)から生産されるものは少なく、絹錬撚糸(けんれんねんし)が主力となっています。また、真綿(まわた)から糸を(つむ)ぎ、先染(さきぞ)めされてから織り上げられる結城紬(ゆうきつむぎ)は、高級品として友禅染(ゆうぜんぞめ)の訪問着をはるかに超える価格で販売されています。さらに、訪問着の中には、ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維に印刷技術で作られている安価なものもあります。これらの商品の違いを一般消費者が適切に見分けることは難しい時代となりました。もはや生地によって格式(かくしき)の上下をつけることは時代にそぐわないと言えるでしょう。

訪問着は、その多くが友禅染(ゆうぜんぞ)めによって制作されます。京都で行われる京友禅(きょうゆうぜん)は、質・量とも友禅染めを代表しますが、その京都から技術が伝承された新潟県十日町市の十日町友禅(とおかまちゆうぜん)、石川県金沢市近郊で生産される加賀友禅(かがゆうぜん)、東京都の東京友禅(とうきょうゆうぜん)などがあります。

京友禅は、友禅染めの発祥(はっしょう)の地である京都で生産される染色技法。その特徴は、きらびやかで(はな)やか、優雅(ゆうが)で美しいことから「絢爛豪華(けんらんごうか)な京友禅」と言われています。染め上がった訪問着には、金彩(きんさい)刺繍(ししゅう)(ほどこ)すものもあります。型友禅(かたゆうぜん)で制作される紅型(びんがた)や、色の深さが特徴的なローケツ染め、絞りでは鹿()()(しぼ)りから辻ヶ花(つじがばな)まで、各種の技法が合成されながら作られます。それほど京友禅の技術は幅広く高度で(すぐ)れています。そこには、平安時代より現代までの1200年もの間、洗練(せんれん)され、発展してきた日本の美意識(びいしき)源流(げんりゅう)が見られます。

加賀友禅の虫食い文様加賀友禅(かがゆうぜん)の魅力は、貴族(きぞく)的な品格(ひんかく)、そして何と言っても繊細(せんさい)色彩(しきさい/rt>)上品(じょうひん)(おもむき)にあります。写実的(しゃじつてき)描写(びょうしゃ)は実は空想の世界のもので、たとえば梅の木に桜の花が咲き、しだれ桜に椿の花が咲く、と言うような抽象(ちゅうしょう)表現によって描かれています。

伝統的な加賀友禅は、臙脂(えんじ)(むらさき)()(みどり)(あい)という加賀五色(かがごしょく)によって(えが)かれ、筆使(ふでづか)いも外側から内側へと筆を運ぶ「内刷毛使(うちはけづか)い」で()かれます。もっとも代表的で不思議な特徴の一つに、「虫食(むしく)い」表現があります。今を(さか)りに咲き(ほこ)絶頂期(ぜっちょうき)の花の描写(びょうしゃ)の中に、なぜか虫に食われた葉っぱがポツリ……人の世のはかなさ、哀調(あいちょう)をおびた風情(ふぜい)には仏教思想(ぶっきょうしそう)と深いかかわりが(うかが)えます。また、図案の作成から(いろ)ざしまで一人で()きあげる加賀友禅には、その独自の伝統によって、作者の意図がより鮮明に表現されているのです。加賀友禅は、きものの中でも特に高級品で、振袖、留袖、訪問着など100万円以上の商品も(めず)しくありません。

訪問着を着るとき

  • 知人、友人、同僚、取引先、お付き合いのある人、ご近所、いとこなどの結婚式
  • 成人式は振袖が主流ですが訪問着でも良い
  • 自分の結納、子供の結納
  • お見合い
  • 子供や孫のお宮参り
  • 自分の卒業式、謝恩会
  • 子供の入園式、入学式、卒園式、卒業式
  • 初詣、記念式典、お年始、挨拶回り
  • 初釜、茶会
  • パーティ、コンサート、観劇、デート、お食事会、園遊会、同窓会、授賞式、親睦会、その他
訪問着の衣更え
訪問着 長襦袢 帯〆帯上
1月~5月 冬物 袋帯 冬物
6月 単衣 絽か紗の長襦袢 紗か絽綴れの袋帯 夏物
7月~8月 絽か紗の訪問着か付け下げ 絽か紗の長襦袢 紗か絽綴れの袋帯 夏物
9月 単衣 絽か紗の長襦袢 綴れなどの単衣帯
(多くは袋帯)
冬物
10月~12月 冬物 袋帯 冬物

訪問着を着るとき準備するもの

  • 訪問着
  • 袋帯
  • 長襦袢
  • 帯〆帯上
  • 羽織は着ません
  • コート
  • 草履バッグセット
  • 伊達衿(必要に応じて)
  • 扇子(必要に応じて)
  • 着付用小物:肌着、裾除、衿芯、伊達締2本、前板、足袋、腰紐(4~5本)、帯枕、タオル(2~3枚)

家紋について

訪問着に紋を入れる必要性は、近年は少なくなりました。というのも、色無地以上の準礼装のきものには、染め抜き一つ紋、もしくは、縫い紋をいれる、と書かれた本もあるかも知れませんが、紋が入っていない訪問着を着たからと言って、せっかく着物を着られた人に対しては、賞賛こそすれ、わざわざ「格が低い」などと非難するひともないからでしょう。ただし、茶道、舞踊、雅楽などの伝統的なお稽古事においては、流派にもよりますが、今でも紋は必須となる場合が多々あります。そのような場合でも、現在では後から紋入れができますので、臨機応変に対応できます。(注意:紋を消すことはできません)

No.1
京友禅訪問着
品番 : 5520208101
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 焦げ茶
文様 : 蝋たたき染め
生地 : 三越縮緬
価格 : 55,000円
在庫 : 売約済み
参照 : 
商品 55,000円
仕立
合計 55,000円
 
 
この訪問着は、生地一面に(ろう)均等(きんとう)()き、それから地染めを行う「たたき染め」という技法で染められています。一見すると霜降(しもふ)(じょう)の模様ですが、失敗の許されない名人芸の染色技法と言われ、いわばプロ好みのきものです。渋い地色にもかかわらず、ほのかなグラデーション効果で(いき)というより(やさ)しく上(じょうひん)な訪問着といえるでしょう。京都呉服問屋の廃業に伴い、破格値でご提供いただきました。合格品である赤判730g、13.2mの三越縮緬は、高額商品にしか使用されない生地なのです。

No.2
京友禅訪問着
品番 : 7058305703
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 浅葱鼠
文様 : 春秋桜文
生地 : 紋意匠縮緬
価格 : 88,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 88,000円
仕立
合計 88,000円
 
 
この訪問着は、高級紋意匠(もんいしょう)縮緬(ちりめん)に伝統色の浅葱鼠(あさぎねず)で染められています。浅葱鼠(あさぎねず)は、浅い青色のグレーがかった色ですが、江戸時代に流行した「四十八茶(しじゅうはっちゃ)百鼠(ひゃくねずみ)」の色目のひとつです。渋めでおとなしくて優しい藍色(あいいろ)系ですので日本女性のお顔の色には良く(うつ)ります。帯は、金でも銀でも合いますが、豪華(ごうか)()ぎず(ひか)えめな色合いが良いでしょう。30~40代でも着れますが、60~70代が最適です。

No.3
京友禅訪問着
品番 : 5758305702
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 薄桜
文様 : 四君子文様
生地 : 紋意匠縮緬
価格 : 98,000円
在庫 : 売約済み
参照 : 国内仕立てと海外縫製について
商品 98,000円
仕立
合計 98,000円
 
 
生地(きじ)は、豪華(ごうか)地模様(じもよう)()()まれた紋意匠(もんいしょう)縮緬(ちりめん)。地色は、(はな)やかで上品(じょうひん)(うす)い桜色。四君子(しくんし)文様(もんよう)とは、春の桜や牡丹(ぼたん)、夏の紫陽花(あじさい)芙蓉(ふよう)、秋の桔梗(ききょう)(きく)、冬の椿(つばき)など、春夏秋冬を代表する草花で()かれた文様で、季節感にこだわりなく(夏以外に)着られます。20代から40代くらいの幅広い年齢層(ねんれいそう)にお(すす)めの訪問着です。

No.4
辻ヶ花訪問着
品番 : 6858200501
品名 : 訪問着
技法 : 辻ヶ花
色彩 : 漆黒
文様 : 辻ヶ花文様
生地 : 銀ラメ緞子
価格 : 98,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 98,000円
仕立
合計 98,000円
 
 
辻ヶ花(つじがはな)は、室町(むろまち)時代から桃山(ももやま)時代にかけて(あらわ)れた(しぼ)()めの一種(いっしゅ)です。辻ヶ花(つじがはな)由来(ゆらい)については定説(ていせつ)がなく、花が躑躅(つつじ)のように見えるところから「つつじが花」の(りゃく)という説、また、たすきがたの斜格子(ななめごうし)に花を配した模様(もよう)が「町の辻」に()ているからという説などがあります。その染色技法は突然(とつぜん)(あらわ)れ、また、(まぼろし)のように突然姿を消したことから「(まぼろし)()め」とも呼ばれ、ことさら神秘的(しんぴてき)な美しさを増幅(ぞうふく)します。

多くの絞り染めは、濃い地色と白く染め残されたコントラストによって美しさを表現しますが、辻ヶ花は、その白く染め残された部分にも後から手描(てが)きで彩色(さいしょく)します。絞り染めの強烈(きょうれつ)色彩(しきさい)手描(てが)きの(やわ)らかい色合(いろあ)いの調和(ちょうわ)は、(はな)やかと言うよりひかえめな美しさであり、渋さや格調(かくちょう)さえ感じさせます。(がら)のあちこちに意味(いみ)深長(しんちょう)に描かれた「」マーク、そして()れた花びら。何を(うった)えようとしているのか、まるで(ぜん)問答(もんどう)で出される公案(こうあん)(課題)のようにも思われます。


No.5
京友禅訪問着
品番 : 7120202004
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 山吹色
文様 : 茶屋辻文様
生地 : 正絹:金襴緞子
価格 : 98,000円
在庫 : 1
参照 : 訪問着の基礎知識
商品 98,000円
仕立
合計 98,000円
 
 

茶屋辻(ちゃやつじ)とは、お客をもてなす茶店(ちゃみせ)というより水辺(みずべ)の風景を表す伝統的な文様で、高級な緞子(どんす)縮緬(ちりめん)にさらに金糸を織り込んだ金襴(きんらん)緞子(どんす)の訪問着です。豪華な生地でありながらも(ひか)えめで素朴(そぼ)な茶屋辻文様からは、(きょう)(ごの)みの(おく)ゆかしい品位(ひんい)が感じられます。

TPOに合わせて、帯次第で豪華にも上品にも着こなせるでしょう。


No.6
京友禅訪問着
品番 : 5158205005
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 濃藍紫色
文様 : 桜花雪輪更紗間道
生地 : 縮緬紬
価格 : 99,800円
在庫 : 1
参照 : 
商品 99,800円
仕立
合計 99,800円
 
 
この訪問着は、京都府丹後(たんご)地方に古くから伝わる倭文紬(しずりつむぎ)に江戸小紋のような(がら)をすっきりと染め上げました。紬とはいえ、縮緬(ちりめん)独特の(つや)がありますので準礼装として問題なく着られますが、お洒落(しゃれ)用の袋帯を合わせると、より渋くて落ち着いた(よそお)いになるでしょう。

No.7
京刺繍訪問着
品番 : 5758305705
品名 : 訪問着
技法 : 京刺繍
色彩 : 淡紅藤
文様 : 法相唐花
生地 : 紋意匠縮緬
価格 : 99,800円
在庫 : 1
参照 : 
商品 99,800円
仕立
合計 99,800円
 
 
淡紅藤(うすべにふじ)は、赤味(あかみ)のある藤色。幾何学的(きかがくてき)地紋(じもん)に京都の伝統的な刺繍(ししゅう)(ほどこ)しました。法相華(ほうそうげ)極楽(ごくらく)浄土(じょうど)に咲く花。唐花(からはな)とは中国の(とう)から伝来した花ということではなく、舶来(はくらい)の花文様という程度の意味です。(やさ)しく上品(じょうひん)地色()に白一色のシンプルな刺繍の訪問着ですが、京刺繍(きょうししゅう)の力強いトーンが豪華(ごうか)さを演出しています。年齢(ねんれい)左右(さゆう)されず(おび)次第(しだい)で幅広く着られるでしょう。

No.8
京刺繍訪問着
品番 : 6120206701
品名 : 訪問着
技法 : 京刺繍
色彩 : 淡黄緑鼠
文様 : 波斯唐草文
生地 : 紋意匠縮緬
価格 : 99,800円
在庫 : 売約済み
参照 : 
商品 99,800円
仕立
合計 99,800円
 
 
モダンで幾何学的(きかがくてき)地紋(じもん)で織られた高級紋意匠(もんいしょう)縮緬(ちりめん)(あわ)黄緑鼠(きみどりねず)で優しく染め上げ、波斯風(ぺるしゃふう)唐花(からはな)文様を白一色のシンプルな刺繍を(ほどこ)しました。唐花(からはな)とは中国の(とう)から伝来した花ということではなく、舶来(はくらい)の花文様という程度の意味です。京刺繍(きょうししゅう)の力強いトーンが豪華(ごうか)さを演出し、年齢(ねんれい)左右(さゆう)されず(おび)次第(しだい)で幅広く着られるでしょう。

No.9
京友禅訪問着
品番 : 6658205001
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 濃藍紫色
文様 : 有職文様
生地 : 三越縮緬
価格 : 99,800円
在庫 : 1
参照 : 
商品 99,800円
仕立
合計 99,800円
 
 
この訪問着は、伊勢型(いせがた)伝統工芸士「加納昭一」氏の作品です。通常は伊勢型(いせがた)小紋(こもん)が多いのですが、この作品は訪問着ですので、中でも最上位の逸品(いっぴん)と言えるでしょう。なぜなら、小紋の場合は40cm程度の型紙を繰り返し染めていきますが、訪問着の場合は、袖、肩、身頃(みごろ)(すそ)など、すべて異なるデザインの型紙を使わなけれなりません。つまり、それだけの型紙が必要で手間と時間がかかるというわけです。

No.10
京友禅訪問着
品番 : 7058305702
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 白菫色
文様 : 四君子文
生地 : 紋意匠縮緬
価格 : 125,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 125,000円
仕立
合計 125,000円
 
 
高級紋意匠(もんいしょう)縮緬(ちりめん)白菫色(しろすみれいろ)で優しく染め上げ、四季(しき)折々(おりおり)を代表する花・四君子(しくんし)文様を上品に描き上げました。(くせ)のない色柄ですので何方(どなた)でも無難(ぶなん)に着こなせます。帯は、金でも銀でも色物でも合わせることができるでしょう。

No.11
京刺繍訪問着
品番 : 7120203002
品名 : 訪問着
技法 : 京刺繍
色彩 : 海松藍
文様 : 玩具文
生地 : 紋意匠縮緬
価格 : 128,000円
在庫 : 売約済み
参照 : 訪問着の基礎知識
商品 128,000円
仕立
合計 128,000円
 
 
重厚(じゅうこう)紋意匠(もんいしょう)縮緬(ちりめん)を渋く落ち着いた海松藍(みるあい)の地色で染め上げ、京刺繍(きょうししゅう)を愛らしくも豪華(ごうか)(ほどこ)しました。海松藍(みるあい)とは、オリーブグリーンがかった藍色(あいいろ)、つまり、深い藍緑(あいみどり)幽暗(ゆうあん)でクールな色調が鎌倉(かまくら)武士や室町時代の文化人に愛され、粋好(いきごの)みの江戸時代には流行色ともなりました。海松(みる)とは10㎝程度の海藻。

No.12
京友禅訪問着
品番 : 6858200502
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 白藤色
文様 : 四君子文
生地 : 三越縮緬
価格 : 135,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 135,000円
仕立
合計 135,000円
 
 
三越(みこし)縮緬(ちりめん)白藤色(しらふじいろ)で優しく染め上げ、四季(しき)折々(おりおり)を代表する花・四君子(しくんし)文様を上品に描き上げました。(くせ)のない色柄ですので何方(どなた)でも無難(ぶなん)に着こなせます。帯は、金でも銀でも色物でも合わせることができるでしょう。

No.13
京友禅訪問着
品番 : 2514202103
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 漆黒
文様 : 鹿の子に花
生地 : 三越縮緬(正絹)
価格 : 188,000円
在庫 : 1
参照 : 美意識が現れる
商品 188,000円
仕立
合計 188,000円
 
 
年齢を問わず美しく装いのできる訪問着は、格式あるきものの中でも、お洒落感覚を持ち合わせ、その用途も社交着からお洒落用まで幅広く着られます。きもののセンスを楽しみ、また、そのセンスを発揮できるのも訪問着の魅力です。準礼装の位置付けではあるものの現代の着物の主役であり、とりわけなくてはならない晴れ着のひとつです。 可愛らしい鹿の子文様に、また、可愛らしく小花が描かれ、落ち着いた黒地で全体的には上品な雰囲気になりました。お若い方から年配の方まで、幅広くお召しいただけます。

No.14
十日町友禅訪問着
品番 : 2514202102
品名 : 訪問着
技法 : 十日町友禅
色彩 : 漆黒
文様 : 四君子文様
生地 : 三越縮緬(正絹)
価格 : 198,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 198,000円
仕立
合計 198,000円
 
 

漆黒(しっこく)とは、(うるし)のような(つや)のある豪華な黒です。生地にはしっかりした三越縮緬(みこしちりめん)を使い、四季おりおりを代表する日本の花、牡丹、紅葉、桔梗、萩、竹、桐など、伝統的な四君子(しくんし)文様を上品に染め上げました。上半身はすっきりとシンプルに無地感覚ですので、背の高い人でも低い人でも関係なく似合(にあ)います。帯は、金銀の箔錦(はくにしき)、豪華な唐織(からおり)などが良いでしょう。


No.15
御召訪問着
品番 : 3020206804
品名 : 訪問着
技法 : 御召
色彩 : 金茶
文様 : 源氏香・市松格子
生地 : 御召縮緬(単衣の訪問着にもできます。)
価格 : 198,000円
在庫 : 1
参照 : 御召について
商品 198,000円
仕立
合計 198,000円
 
 

この訪問着(ほうもんぎ)は、特殊な二重組織で織られた風通御召(ふうつうおめし)という紋御召(もんおめし)のひとつです。風通御召の特徴は、二重の経糸(たていと)緯糸(よこいと)を用いて織られ文様の部分で表裏の糸が入れ替わり、表と裏の文様が反対の配色になります。

御召は、その名が示すとおり、もともと天皇や将軍の「お召し物」という意味ですが、先染(さきぞ)めの織物でありながらも礼装のきものとしても着られることから、きものTPOでも別格の扱いをされ、「上級者のきもの」、「最高級品のきもの」として知られています。お茶席などで家紋が必要な場合には、染め抜き紋は入りませんので、縫い紋にします。


No.16
京友禅訪問着
品番 : 7120206501
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 淡紅藤
文様 : 扇面御所解文様
生地 : 三越縮緬
価格 : 198,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 198,000円
仕立
合計 198,000円
 
 
四季(しき)折々(おりおり)の草花を描写する伝統的な御所解(ごしょどき)文様(もんよう)枯山水(かれさんすい)のタッチで()き上げました。優しく落ち着いた色調からは品位と格調が(ただよ)います。40代から70代まで着られますが、帯次第(しだい)ではお若い方でも十分着こなせます。金銀の帯なら無難に合いますが、濃い地色の帯なら(いき)にもなるでしょう。

No.17
京友禅訪問着
品番 : 7120206503
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 白花色
文様 : 絵草子文
生地 : 変わり無地縮緬
価格 : 198,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 198,000円
仕立
合計 198,000円
 
 
重厚(じゅうこう)()わり無地(むじ)縮緬(ちりめん)白花色(しろはないろ)(すそ)(ぼか)しで「はんなり」と染め上げ、御伽草子(おとぎぞうし)のような文様が描かれています。上品さと愛らしさと奥ゆかしさのある訪問着です。帯は、その雰囲気(ふんいき)(こわ)さないような白地で優しいトーンの袋帯がお勧めです。

No.18
京友禅訪問着
品番 : 7120206504
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 練色
文様 : 花筏文
生地 : 変わり無地縮緬
価格 : 198,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 198,000円
仕立
合計 198,000円
 
 
重厚(じゅうこう)()わり無地(むじ)縮緬(ちりめん)練色(ねりいろ)で「はんなり」と染め上げ、花筏(はないかだ)文様が描かれています。上品さと格式と奥ゆかしさのある訪問着です。帯は、その雰囲気(ふんいき)(こわ)さないような優しいトーンの袋帯がお勧めです。

No.19
京友禅訪問着
品番 : 7058305705
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 濃藍
文様 : 花丸文
生地 : 銀無地
価格 : 238,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 238,000円
仕立
合計 238,000円
 
 
可愛(かわい)らしい花丸(はなまる)文様(もんよう)光沢(こうたく)のある銀無地(ぎんむじ)縮緬(ちりめん)に深い藍色(あいいろ)ですっきりと染め上げました。渋くて暗い藍色は遠目(とおめ)には黒に見えるかも知れませんが、絹独特の光沢(こうたく)がありますので、ほのかで(つや)やかな藍色を(はな)ちます。実は、そこがこの訪問着の(ねら)いです。帯は、白なら「いぶし銀」、金なら「泥金(どろきん)」の袋帯が良いでしょう。派手(はで)さを(おさ)え、シックでシンプルに着こなして欲しいものです。

No.20
京友禅北斎文様訪問着
品番 : 66312061
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅北斎文様
色彩 : 蝋色(ろういろ:わずかに黄味の鼠色)
文様 : 北斎文様
生地 : 変わり無地縮緬(絹100%)
価格 : 288,000円
在庫 : 売約済み
参照 : 北斎小紋は、こちら
商品 288,000円
仕立
合計 288,000円
 
 
江戸時代葛飾北斎(かつしかほくさい)が創刊した染物図案集「新形小紋帳(しんがたこもんちょう)」より、その基本的なデザインを復刻(ふっこく)して訪問着を染め上げました。濃い地色の裾模様(すそもよう)()()めという手染めの手法を用いますが、文様そのものは伝統的な型友禅(かたゆうぜん)のですので精巧(せいこう)型紙(かたがみ)が必要です。江戸小紋なら一枚の型紙を繰り返して使用できますが、訪問着の場合は、その部分部分で文様が異なります。つまり、上前(うわまえ)下前(したまえ)(そで)(かた)(おくみ)と言うように全く違う型紙を10枚程度は作成する必要がある、というわけです。精緻(せいち)な図案を綺麗(きれい)に染め上げるために、生地の選定から文様の配置や大きさを確定するまでに約2年半の歳月を要しましたが、すっきり渋めで格調高い訪問着に染め上がりました。

No.21
墨絵訪問着
品番 : 71042421
品名 : 訪問着
技法 : 墨絵
色彩 : 淡藍紫
文様 : 若冲の葡萄
生地 : 白山紬
価格 : 288,000円
在庫 : 1
参照 : 美意識が現れる
商品 288,000円
仕立
合計 288,000円
 
 
この訪問着は、江戸時代の天才絵師といわれる伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)葡萄(ぶどう)を題材にし、現代友禅作家によって(よみがえ)らせた逸品です。

若冲(じゃくちゅう)は、みずから「自分の絵が評価されるのは、ずっと後の世になってからだろう」と述べていますが、その予言どおり、この絵の素晴らしさに着目し脚光を浴びる切っ掛けとなったのが米国の石油会社の二代目ジョー・プライス氏でした。彼が会社の経営を投げ出してまで、若冲の収集家となる決断を促したのが、この「葡萄」であったと言われいます。彼いわく「私は、この絵を見たとき釘づけになった。絵画に全くの素人であった私には、この絵が誰の作であろうか、いつどこで描かれたか、そんなことは少しも問題では無かった。ただの一色、ひと筆で描かれた、その技術の高さに、ただ驚嘆するばかりであった」と。しかし、ジョー・プライス氏自身も、50年もの間、絵画収集家として認められることはなかったのです。

白山紬(はくさんつむぎ)は、もともとは石川県白峰村(しらみねむら)で織り出された紬(現在の牛首紬(うしくびつむぎ))でしたが、金沢市近郊で織元独自の登録商標として発展してきました。しかし、現在は再び牛首紬のメーカーと合併しています。高価な牛首紬が手引(てび)き糸から織られるのに対し、白山紬は力織機(りきしょくき)を使い機械製糸(きかいせいし)で織られています。風合(ふうあ)いがとても良く()ていますので、染め上がりの(つや)頑丈(がんじょう)地風(じふう)(すそ)さばきの良さなど、牛首紬(うしくびつむぎ)に勝るとも劣らぬ豪華な質感があります。紬でありながら光沢があり、渋さと華やかさと、その両方の趣が楽しめます。

No.22
十日町友禅訪問着
品番 : 11164043
品名 : 訪問着
技法 : 十日町友禅
色彩 : 利休白茶
文様 : いろは
生地 : 赤城紬(要八掛。単衣も可)
価格 : 298,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 298,000円
仕立
合計 298,000円
 
 
利休(りきゅう)白茶(しらちゃ)とは、利休色がかった白茶。つまり、緑味(みどりみ)がかったベージュのことですが、文化・文政時代に流行した色と言われています。渋くて落ち着いた色合いからは深く静まりかえった印象を受け、「わびさび」へ通じる気配を感じるからでしょう。その素朴で飾り気のない色目を控えめな紬生地に染上げ、いろは文様には郷愁感(きょうしゅうかん)が込められています。お茶席に限らず、主客(しゅきゃく)でないお招きなら、心遣(こころづかい)いの効果が倍増するはずです。そんな時には、帯は金銀系ではなく、艶消(つやけ)しのお洒落(しゃれ)袋帯が良いでしょう。

No.23
十日町友禅訪問着
品番 : 2514204102
品名 : 訪問着
技法 : 十日町友禅
色彩 : 暗藍紺
文様 : 抽象柄
生地 : 三越縮緬(正絹)
価格 : 350,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 350,000円
仕立
合計 350,000円
 
 
この訪問着は十日町友禅ですが、伝統的な染色技術にこだわらない斬新で抽象的なデザインで染め上げています。すっきりとした色彩で、渋くて小粋な雰囲気が魅力です。お若い方から年配の方まで帯次第で着られます。

No.24
総絞り訪問着
品番 : 7577207002
品名 : 訪問着
技法 : 総絞り
色彩 : 黒白
文様 : 総鹿の子絞り流水桜菊文
生地 : 緞子縮緬
価格 : 380,000円
在庫 : 1
参照 : 
商品 380,000円
仕立
合計 380,000円
 
 
鹿()()とは、小鹿(こじか)に見られる白い斑点(はんてん)()ているところから言われた文様(もんよう)です。鹿()()(しぼ)りは、まず白生地の5mm(はば)程度をつまみ、糸でぐるぐると5~6回()き、(しば)ります。それを染料(せんりょう)につけて、全体を染めます。 染め上がった後で、糸を()くとその部分は染料がしみ込まずに白く残り、(がら)となります。このような単純(たんじゅん)な染め方から、(つじ)(はな)のような複雑なものまで、豪華(ごうか)さと高級品の代表格として根強(ねづよ)い人気があります。この訪問着は、総絞(そうしぼ)りですので、高級品の中でも最高級品と言えるでしょう。

No.25
京友禅訪問着
品番 : 5514208102
品名 : 訪問着
技法 : 京友禅
色彩 : 濃藍紺
文様 : 桜、松、藤
生地 : 三越縮緬(正絹)
価格 : 398,000円
在庫 : 1
参照 : 美意識が現れる
商品 398,000円
仕立
合計 398,000円
 
 
この訪問着は、加賀友禅(かがゆうぜん)の技法を元に金沢以外の地で制作されています。従って、加賀友禅の特徴である「虫食(むしく)」文様が見られませんが、金彩(きんさい)刺繍(ししゅう)などは使わず、(やさ)しく落ち着いた色調を基本に筆の運びは加賀特有の「内刷毛使(うちはけづか)い」によって(えが)かれています。「内刷毛使い」とは、花や葉を良く見ればわかるように図案の輪郭(りんかく)、すなわち外側から内側へと筆を運ぶ()き方です。実は、この作家は加賀友禅の下請(したう)け職人として活躍されていた時期もあります。今では、産地偽装(さんちぎそう)との批判を受けますので、加賀友禅として出品することはできませんが、本場の加賀にも(まさ)るとも(おと)らぬセンスと技術の持ち主であることは明白です。本場の加賀で制作されれば、そのブランド力で80万円はくだりません。そんな理由から、30年前、この作家を求めて全国を(さが)し回りました。それが(えん)で、今でも加賀友禅調(かがゆうぜんちょう)上品(じょうひん)優雅(ゆうが)な訪問着や色留袖(いろとめそで)を安価で提供し続けてもらっています。

No.26
加賀友禅訪問着
品番 : 6958263101
品名 : 訪問着
技法 : 加賀友禅
色彩 : 白縹色(しろはなだいろ)
文様 : 椿小花
生地 : 三越縮緬
価格 : 398,000円
在庫 : 1
参照 : 美意識が現れる
商品 398,000円
仕立
合計 398,000円
 
 
加賀友禅の魅力は、貴族趣味的な品格、そして何と言っても繊細な色彩と上品な趣にあります。写実的な描写は実は空想の世界のもので、たとえば梅の木に桜の花が咲き、しだれ桜に椿の花が咲く、と言うような抽象表現によって描かれています。 もっとも代表的で不思議な特徴の一つに、「虫食い」表現があります。今を盛りに咲き誇る絶頂期の花の描写の中に、なぜか虫に食われた葉っぱがポツリ……人の世のはかなさ、哀調をおびた風情には仏教思想と深いかかわりが伺えます。 図案の作成から色ざしまで一人で描きあげる加賀友禅には、その独自の伝統によって、作者の意図がより鮮明に表現されているのです。加賀友禅は、きものの中でも特に高級品で、振袖、留袖、訪問着など100万円以上の商品も珍しくありません。また、加賀友禅は、その名の通り、九谷焼、輪島塗などとともに石川県(金沢市近郊)で生産されています。 (資料:きものカルチャー研究所初等科テキスト)

No.27
加賀友禅訪問着
品番 : 6958263102
品名 : 訪問着
技法 : 加賀友禅
色彩 : 淡桜色
文様 : 南風邪に乗って
生地 : 三越縮緬
価格 : 398,000円
在庫 : 1
参照 : 美意識が現れる
商品 398,000円
仕立
合計 398,000円
 
 
加賀友禅の魅力は、貴族趣味的な品格、そして何と言っても繊細な色彩と上品な趣にあります。写実的な描写は実は空想の世界のもので、たとえば梅の木に桜の花が咲き、しだれ桜に椿の花が咲く、と言うような抽象表現によって描かれています。 もっとも代表的で不思議な特徴の一つに、「虫食い」表現があります。今を盛りに咲き誇る絶頂期の花の描写の中に、なぜか虫に食われた葉っぱがポツリ……人の世のはかなさ、哀調をおびた風情には仏教思想と深いかかわりが伺えます。 図案の作成から色ざしまで一人で描きあげる加賀友禅には、その独自の伝統によって、作者の意図がより鮮明に表現されているのです。加賀友禅は、きものの中でも特に高級品で、振袖、留袖、訪問着など100万円以上の商品も珍しくありません。また、加賀友禅は、その名の通り、九谷焼、輪島塗などとともに石川県(金沢市近郊)で生産されています。 (資料:きものカルチャー研究所初等科テキスト)

No.28
加賀友禅訪問着
品番 : 6958263103
品名 : 訪問着
技法 : 加賀友禅
色彩 : クリーム
文様 : 石南花
生地 : 三越縮緬
価格 : 398,000円
在庫 : 1
参照 : 美意識が現れる
商品 398,000円
仕立
合計 398,000円
 
 
加賀友禅の魅力は、貴族趣味的な品格、そして何と言っても繊細な色彩と上品な趣にあります。写実的な描写は実は空想の世界のもので、たとえば梅の木に桜の花が咲き、しだれ桜に椿の花が咲く、と言うような抽象表現によって描かれています。 もっとも代表的で不思議な特徴の一つに、「虫食い」表現があります。今を盛りに咲き誇る絶頂期の花の描写の中に、なぜか虫に食われた葉っぱがポツリ……人の世のはかなさ、哀調をおびた風情には仏教思想と深いかかわりが伺えます。 図案の作成から色ざしまで一人で描きあげる加賀友禅には、その独自の伝統によって、作者の意図がより鮮明に表現されているのです。加賀友禅は、きものの中でも特に高級品で、振袖、留袖、訪問着など100万円以上の商品も珍しくありません。また、加賀友禅は、その名の通り、九谷焼、輪島塗などとともに石川県(金沢市近郊)で生産されています。 (資料:きものカルチャー研究所初等科テキスト)

No.29
汕頭刺繍訪問着
品番 : 96224082
品名 : 訪問着
技法 : 汕頭刺繍
色彩 : 深泥黒
文様 : 汕頭
生地 : 大島紬(要八掛)
価格 : 498,000円
在庫 : 売約済み
参照 : 
商品 498,000円
仕立
合計 498,000円
 
 

汕頭(すわとう)刺繍(ししゅう)は、蘇州(そしゅう)刺繍や相良(さがら)刺繍と並ぶ中国三大刺繍の一つですが、絹織物に(ほどこ)されるときは別名「絹の彫刻品(ちょうこくひん)」とも呼ばれています。その手法は、生地をカットするのではなく、繊維の一本一本を加工しながら隙間(すきま)を広げていく技法が取られています。一寸(3.8cm)四方を仕上げるだけでも一週間もかかるといわれていますので気の遠くなるほどの時間が必要です。

この訪問着は、泥染(どろぞ)めの大島紬に汕頭(すわとう)刺繍(ししゅう)更紗(さらさ)文様からなります。単衣(ひとえ)としても着られますが、(あわせ)としてきる場合には、胴裏(どううら)八掛(はっかけ)には「辛子色(からいいろ)」の裏地を使います。つまり、汕頭の隙間(すきま)からは、深泥(みどろ)と良く調和する山吹色(やまぶきいろ)の裏地が見えるという趣向(しゅこう)になります。


  • ご注文方法
    • 「仕立なしで注文する」からご希望の注文方法をお選びください。
    • 仕立方法を選択されますと、お勧めの仕立・加工・裏類などが表示されます。
    • よくわからない場合は、ご注文後、メールでご質問ください。
  • ご注文から納品まで、約45日かかります。
    • ご入金後、または、ローン契約後、加工を行います。
    • 代金引換サービスはご利用いただけません。
    • 「お仕立てなしで注文する」のままで注文されますと、ご入金確認後、直ちに納品できます。
  • お支払い方法
    • ボーナス一括払い(金利手数料なし)
    • 3回~60回の分割払い。ボーナス併用払いがご利用いただけます。(年利6%)
  • 画面上の色の再現性には特に留意しておりますが、モニターの機種やブラウザの設定により、実物とは異なる場合があります。
  • 商品の確認をご希望の場合、また、最適寸法の採寸をご希望の場合は、東京恵比寿教室、または、広島本店までお越し下さい。ボーナス一括払い、分割払いなど、お支払方法のご相談にもお答え申し上げております。

きものカルチャー研究所 染匠株式会社
 お客様専用電話:0120-008855
東日本事業所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-16-502
 Tel:03-5449-9121
西日本事業所:〒732-0828 広島市南区京橋町10-31(広島駅前)
 Tel:082-261-8855
Copyright(C) 1998-2021 by SOMESHO Co.,Ltd.
All Rights Reserved.