初等科7.4.1 美しさの秘密ⅰ

きものが世界的にも最高水準のファッションであることは、すでに述べました。でも、なぜ美しいのか、これまで明確な定義はなされてないようです。

きものは「呉服(ごふく)」とも呼ばれていますが、中国の()の国(222~280年)の(ふく)と言う意味ではなく、呉の国から伝わった織物との説が有力です。飛鳥(あすか)時代(592~710年)には聖徳太子(しょうとくたいし)(ずい)(581~618年)の服装を取り入れ、平安時代には 宮廷装束(きゅうていしょうぞく)として独自の文化が花開きます。江戸時代には友禅染(ゆうぜんぞめ)が発案され、多色で絢爛豪華(けんらんごうか)小袖(こそで)が登場し、明治・大正・昭和の近代化の中でも、きものは益々(ますます)洗練(せんれん)され美しくなりました。シルクロードの終着駅であった我が国には、中国をはじめ東南アジアの国々から多くの染織技術が伝わり、その技術が集積し発展してきたのです。

  • 呉王
    呉の皇帝
  • 十二単衣
    十二単
  • 小袖
    小袖
  • 独鈷
    独鈷

きものの美しさを考えるとき、第一には仏教美術の影響があります。有職文様(ゆうそくもんよう)をはじめとする古典文様。辻ヶ花染(つじがはなぞ)めや加賀友禅(かがゆうぜん)に見られるモチーフには仏教思想が色濃く反映されています。極楽浄土(ごくらくじょうど)に生きるとされる鳳凰(ほうおう)、そこに咲く花・宝相華(ほうそうげ)、また、博多織に常用される独鈷(どっこ)柄は不動明王(ふどうみょうおう)が持つ煩悩(ぼんのう)を打ち(くだ)くと言われる仏具(ぶつぐ)を文様化したものです。そこには、単に図案が描かれているということだけではなく、探究心という強いモチベーションがうかがえます。

  • 有職文様に鳳凰
    有職文様に鳳凰
  • 辻ヶ花
    辻ヶ花
  • 加賀友禅
    加賀友禅
  • 宝相華
    宝相華
初等科7.4.2
初等科7.9.
初等科9.3.
初等科10.3.1
初等科17.15.2
初等科17.15.3
初等科17.19.1
中等科7.4.6
Page 12

きものカルチャー研究所 染匠株式会社
 お客様専用電話:0120-008855
東日本事業所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-16-502
 Tel:03-5449-9121
西日本事業所:〒732-0828 広島市南区京橋町10-31(広島駅前)
 Tel:082-261-8855
Copyright(C) 1998-2020 by SOMESHO Co.,Ltd.
All Rights Reserved.